湯木慧
ユキアキラ

出演日時 10.10 Holi

湯木慧

PROFILE

1998年6月5日 大分県生まれ・埼玉県育ち。
「命に向き合ってない人になんか響かなくていい」
表現することで、“生きる”ことに向き合い、表現することで“生きる”ための感情を揺さぶる、創作者”湯木慧”。
音が信じられなくなったら目に見えるモノを頼りに、目に見えるモノが信じられなくなったら聴こえてくる音を頼りに、
“耳”で聴く「音楽」と“目”で観る「アート」で無限色の音を描くアーティスト。
シンガーソングライターとしての活動だけでなく、
舞台装飾やミュージックビデオ、衣装の制作などにも深く関わり、
個展の開催や、CD・グッズのデザイン等のアートまわりも自ら手がけるなど、マルチなフィールドで活動する。
2017年に、LD&K Recordsから初の全国流通盤となる1stミニアルバム『決めるのは“今の僕”、生きるのは“明後日の僕ら”』
をリリース。2019年には、自身の21歳の誕生日である6月5日にシングル『誕生〜バースデイ〜』でメジャーデビューをし、
8月にメジャーセカンドシングル『一匹狼』をリリース。11月にはGalleryConcealShibuyaにて初の単独個展「HAKOBUne-2019-」を開催し、「音楽」のみならず「アート」面でもその存在をアピールした。
23歳を迎えた2021年6月5日に日本橋三井ホールにて初のホールワンマンライブ『拍手喝采』を開催し、
新レーベル“TANEtoNE RECORDS”を設立。8月8日に第一弾シングル「拍手喝采」をリリースし、9月にはCMディレクターとして多くの作品を手がけている成田洋一監督の初監督映画『光を追いかけて』の書き下ろし主題歌「心解く」をリリース。
デビュー5周年となる2022年2月22日に5年間の活動を一作にまとめた全17トラック入りの1st Full Album『W』をリリースし、5年ぶりとなる全国ツアー「Wは誰だ。」を開催。

RELEASE INFORMATION

1st mini album『決めるのは”今の僕”、生きるのは”明後日の僕ら”』をリリースしてから、丸5年。
デビュー5周年となる2022年2月22日に初のフルアルバム『W』をリリース。
収録曲は、18歳の時にリリースしたデビュー曲を今の湯木慧で歌い上げた「一期一会 -2022-」をはじめ、
舞台への初提供楽曲である「嘘のあと」や、メジャーデビュー曲の「バースデイ」、MVの再生回数が150万超えの代表曲「一匹狼」や、オリジナルレーベル”TANEtoNE RECORDS”からの第一弾作品「拍手喝采」、映画『光を追いかけて』の書き下ろし主題歌「心解く」、そして最新曲「XT」を含んだ17曲入り。
5年間の活動をこの一作にまとめた、まさにベストアルバム的な大作となっている。

OFFICIAL SITE